発電量

太陽光発電は化石燃料などを使用する事無くエネルギーを生み出す事が出来、それほど大規模な施設を建設することなく発電する事が出来ることから、家庭用のソーラーシステムが多く作られるようになりました。

家庭用ソーラーシステムの中には住居にソーラーパネルなどの機材を設置する大掛かりなタイプ以外にもより小型のソーラーシステムもあり、使い方次第では据え置き型には出来ないような形で普段の生活に役立てる事が出来ます。

そんな小型ソーラーシステムの発電量はどの程度のものなのでしょうか。

小型ソーラーシステムはどうしても使用する事が出来るパネルの大きさなどにも限界があるので、据え置きようの大掛かりなソーラーシステムよりも発電量はどうしても少なくなってしまいます。

それでも家電の一つや二つなら問題なく使用する事が出来るくらいの発電量を確保する事が出来ますし、蓄電池付きのタイプのものなら晴れた日にたっぷり充電しておけば予備電力として活躍してくれることでしょう。

普段の生活で掛かる電気代を節約させるという目的なら劇的な効果を生み出すのは少々厳しいかもしれませんが、使い方次第では据え置きタイプでは出来ないような利用法も生み出す事が出来るはずなのでそういった使い方を考えるのも面白いです。